これからの夢

谷口実業を上場企業させること。近い将来上場できる会社にしたい。

これからの夢

株式会社谷口実業:Aさん

冒頭に述べましたとおり、定年まであと4年、再雇用していただいても社会人人生はあと10年程度ですので大きな夢を描けませんが、具体的な夢として、近い将来上場できる会社にしたいなと思っています。

上場するかどうかは別として、上場できる体力がある会社にすることにより、会社がどんどん拡大していく、それは雇用を生み出すとともに、多くのひとを幸せにする事業を展開できるのではないか思います。もう一つの夢として、建築業や不動産業のフロービジネスだけでなく、新規事業の企画・立案に携わり、新たなストックビジネスを創出していくような仕事をすること、その事業の拡大ができること、それが私の「もう一つの夢」ですね。

会社の夢(ベクトル)と私の夢が融合できれば、私自身の仕事のモチベーションも上がりますし、少なくとも会社が後退することはないと思います。当社が私にとって最後の会社で人生最高の会社となるよう夢を実現したいと思いますし、濃い社会人人生で終えたい、それを実現できよう頑張ります。

関連記事