入社の理由

谷口和則社長の考えや方針、会社の発展に貢献したいという思い

志望動機、入社の経緯、入社の理由

株式会社谷口実業:Aさん

前職(介護事業)、前々職(製紙会社)で愛媛・静岡・山梨で単身赴任が10年となり、嫁さんから「そろそろ自宅(千葉・幕張)に戻ってきて・・・」と懇願されて3度目の転職を決心しました。

そこで、介護事業で知り合った病院の院長先生に転職先を探していただいていたところに、谷口実業で総務・人事・法務の経験者を探しているとの情報をいただき、谷口和則社長に面接していただきました。谷口和則社長の面接で社長の考えや中長期の方針などをお聞きして、当時55歳の私でしたが、微力ですが、会社の役に立つのではと思い、採用していただきたいとお願いしました。役員を除けば最年長になりますが、採用していただいた恩を返すことができたらと思いながら老体に鞭打ちながら通勤2時間、頑張っています・・・。

前々職で総務・人事部門の責任者を経験しており、法務は大学時代に勉強していましたので、会社の発展に貢献できればと思っています。また本社の八王子には大学時代に4年間過ごした町でしたので、以前住んだ町で働きたいとの思いがありましたね。大学卒業後33年間、八王子には一度も足を踏み入れたことがなかったので、懐かしくて、入社初日は泣きそうになりました。谷口和則社長に「ご苦労様、もう必要ないよ」と言われるまで、会社を支える裏方として働き続けたいと思っています。

関連記事